客観的な資料を参考に効果があるサプリメントの選び方を紹介します

ひざ間接痛

  • HOME »
  • ひざ間接痛

ひざ関節の痛みの原因

ひざ関節の痛みの原因に変形性膝関節症があり、患者数は1,200万人で要治療者は700万人と言われるごくありふれた疾患です、それゆえに、年だからと我慢しているケースが多いのが現状です。

変形性膝関節症の初期はひざの動作開始時に痛みを訴える事が多く、それが進行すると動作中に痛み出します、更に進行すると歩行困難になりO脚などに変形することもあります。

変形性膝関節症の種類

 一次性関節症

ひざ軟骨や半月板が長期間の間にすり減って変形することで起こるもの。

サプリメントで症状の改善をしたいのはこちらのタイプです。

二次性関節症

関節リウマチや膝のケガなどの他の原因によって引き起こされるもの。

変形性膝関節症の治療は

ひざ関節が痛く変形性膝関節症の疑いがある場合、整形外科の受診が基本です、

初期段階の場合は日常生活の指導と筋肉訓練が基本

  • 正座、階段の上がり下がり(特に階段の下りはひざ関節に負担有り)等の痛い動作を控える
  • 肥満により、ひざ間接に負担が掛かってる場合は減量
  • ひざ周りの筋肉を鍛えひざ関節の負担を減らす

等の日常生活の指導と筋力訓練が基本となります。

日常生活の指導と筋肉訓練で改善されない場合は薬の使用 重度の場合手術も

  • ヒアルロン酸、ステロイド剤の関節内注射
  • 消炎鎮痛剤の内服、外用薬の使用
  • 装具の装着
  • リハビリテーション
  • 上記保存療法で改善が見られない重度の変形性膝関節症の場合手術療法を選択する場合がある

私の場合、痛い動作を控え、ひざサポーターの装着で痛みが改善されました、現在は生活に支障はありませんが、たまに、ひざを深く曲げ伸ばした時に痛みが有り、いつまた痛みが…とビクビクしています。

ひざ関節の構造 軟骨と関節液の役割

間接軟骨と半月板が衝撃を和らげヒアルロン酸が含まれた関節液が潤滑材

膝関節の図解 ひざ関節の衝撃を和らげ、クッションの役割を果たすひざ軟骨と半月板がすり減り変形し、ひざ関節が痛む原因となる。
関節の内部は関節包そして滑膜に覆われていて関節液が満たされおり関節液にはヒアルロン酸が含まれており、その関節液が潤滑の役割をはたしています。
また関節軟骨には血管がなく関節液が栄養補給の役割も果たしています。
ここでヒアルロン酸が出てきましたが更にヒアルロン酸の役割を解説します。

画像「リウマチ・関節症センター|福岡和白病院」より

Copyright © 効果があるサプリメントの選び方 All Rights Reserved.